静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

ストレスチェック制度の創設について ―静岡労働局ー

2015年12月からストレスチェックの実施が義務※になります。

※ 従業員50人未満の事業場については当分の間、努力義務です

働く人のメンタルヘルス不調を防いで、イキイキした職場環境を実現しましょう。 事業者の方々は、ストレスチェックの実施には以下の点に注意してください。 ☑ ストレスチェックの実施は、医師、一定の研修を修了した保健師又は精神保健福祉士となっています。 ☑ ストレスチェックの結果は、従業員の同意がなければ事業者に提出されていることは禁止されています。 ☑ ストレスの高い従業員から申し出があった場合、医師による面接指導を行いましょう。 ☑ 面接指導の結果、医師の意見を聞き、必要に応じて働き方への配慮をしましょう。

改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度とは? 平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導 の実施等を事業者へ義務付ける制度が創設され、平成27年12月1日から施行されることとなりました。 ※ストレスチェックとは、事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査をいいます。 本制度の目的 ・ 一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止) ・ 労働者自身のストレスへの気づきを促す ・ ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる ストレスチェック制度の概要 ストレスチェックの実施 ・ 常時使用する労働者に対して、年に1回、ストレスチェックを実施することが事業者の義務になります。 ・ ストレスチェックの項目には、「仕事のストレス要因」、「心身のストレス反応」、「周囲のサポート」に関する項目が含まれます。 面接指導の実施 ・ 高ストレスと評価された労働者から申出があったときは、医師による面接指導を行うことが事業者の義務になり ます。 ・ 事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を勘案し、必要があると認めるときは、就業上の措置を講じる必要があり ます。


 

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top