静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

残業についての評価、企業と社員にギャップ 内閣府調査

社員は残業が評価につながると考えているのに、企業側はほとんど評価していないことが、内閣府の調査で明らかになりました。

内閣府が13日に発表した「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」(昨年9~10月に、企業1,016社、個人3,054人を対象に調査)によると、残業が上司からどう思われていると思うかを正社員に複数回答で聞いたところ、1日12時間以上働いている人のうち、最も多い53%が「がんばっている(と思っている)」と回答しており、12時間未満、10時間未満の正社員でも、「がんばっている」が最も多いという結果が出ています。

一方で、企業に対する調査では、残業をせずに帰宅しても「マイナスに評価されている」と答えた企業は6.2%にとどまり、「人事評価では考慮されていない」と答えた企業が74%と大多数を占めました。

内閣府は、ワーク・ライフ・バランスの推進に向け、管理職による残業削減や有休取得の働き掛けが必要だと分析しています。

詳しくはこちら(内閣府)
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research.html

内閣府「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」(PDF)
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research/wlb_h2511/9_insatsu.pdf?utm_content=buffer27178&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top