静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

労働者派遣見直し 最長3年の派遣期間を事実上無期限に

2015年春から、労働者派遣制度について、原則、最長3年となっている派遣期間を、事実上無期限とする見直し案が決定固まりました。

労働者派遣制度では、現在、通訳や秘書など「専門26業務」と呼ばれる業務を除いて、1つの業務での派遣期間は、最長3年と決められています。新たな制度では、まずこの業務区分を廃止するとしています。

29日の労働政策審議会では、企業が労働組合などの意見を聞くことを条件として、3年ごとに働く人を入れ替えれば、全ての業務において、無期限で派遣労働者の受け入れを認める最終案が了承されました。制度見直しによって企業は派遣社員を活用しやすくなり、派遣社員の働き方の選択肢も広がる見通しです。

厚生労働省は、この新しい労働者派遣制度を2015年4月からの実施を目指す方針です。

厚労省の資料はこちらから
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000036085.html

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
0
page_top