静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

日野自系社員の自殺を労災認定 労基署の不支給取り消し

日野自動車の販売子会社、東京日野自動車(港区)の男性社員(当時47)が自殺したのは「過労によるうつ病が原因」として、埼玉労働者災害補償保険審査官が、遺族の労災申請を不支給とした春日部労働基準監督署の決定を取り消し、労災と認定したことが6月1日、判明しました。弁護士によると、男性は1984年4月に入社。営業職として岩槻支店に勤務していた2003年から残業が増え、04年1月にうつ病を発症。その後は通院し仕事を続けていましたが、2009年6月に自殺した。審査官は発症直前の6か月間の時間外労働を440時間以上と認定。心理的負荷なども考慮し、精神疾患との因果関係を認めました。男性の遺族は2009年10月に春日部労基署に労災申請しましたが、同署は自殺と業務との因果関係を認めず、遺族が2011年3月に審査請求していました。東京日野自動車は「詳細は確認しておらずコメントは控えたい」としています。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top