静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

失業手当終了後も2割求職せず、福島の被災者

   東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で、特例により延長された失業手当の給付期間が終了した被災者のうち、福島県では2割が就職せず、求職活動も行っていないとみられることが厚生労働省の調査でわかりました。
 
岩手、宮城県ではこの割合は1割未満で、東京電力福島第一原発事故で避難している福島の被災者が、将来の見通しが立たない中で就職をためらう傾向にあると考えられます。
 
失業手当の給付期間は、3県の沿岸部や福島第一原発周辺の避難指示区域に限って、最大210日間延長されました。厚労省は、震災後失職して失業手当を受給し、延長が認められた被災者のうち、今年4月20日までに受給が終了した9686人を調査しました。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top