静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

平成25年人口動態統計月報年計(概数)の概況

厚労省は2014年6月4日、平成25年人口動態統計月報年計(概数)の概況を発表しました。

(1) 出生数は減少
出生数は 102 万 9800 人で、前年の 103 万 7231 人より 7431 人減少し、出生率(人口千対) は 8.2 で、前年と同率であった。

 

(2)死亡数は増加
死亡数は 126 万 8432 人で、前年の 125 万 6359 人より 1 万 2073 人増加し、死亡率(人口千対) は 10.1 で、前年の 10.0 を上回った。 死因別にみると、死因順位の第1位は悪性新生物、第2位は心疾患、第3位は肺炎となっている。

(3) 自然増減数は減少
出生数と死亡数の差である自然増減数は△23 万 8632 人で、前年の△21 万 9128 人より 1 万 9504人減少し、自然増減率(人口千対)は△1.9 で、前年の△1.7 を下回り、7年連続でマイナスと なった。

(4) 死産数は減少
死産数は 2 万 4093 胎で、前年の 2 万 4800 胎より 707 胎減少し、死産率(出産(出生+死産)千対)は 22.9 で、前年の 23.4 を下回った。

(5) 婚姻件数は減少
婚姻件数は 66 万 594 組で、前年の 66 万 8869 組より 8275 組減少し、婚姻率(人口千対)は 5.3 で前年と同率であった。

(6) 離婚件数は減少
離婚件数は 23 万 1384 組で、前年の 23 万 5406 組より 4022 組減少し、離婚率(人口千対)は 1.84 で、前年の 1.87 を下回った。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
0
page_top