静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

残業時間11カ月ぶり減少、現金給与総額は3カ月連続減少

厚生労働省が2012年9月4日発表しました7月の毎月勤労統計調査(速報)によりますと、残業時間などの所定外労働時間(事業所規模5人以上)は前年同月比0.8%減と、11カ月ぶりに減少に転じました。運輸・郵便(8.5%減)や教育・学習支援(9.7%減)で大きく落ち込みました。

足元の景気動向を示すとされる従業員30人以上の製造業の所定外労働時間(季節調整値)も前月比で4.5%減り、東日本大震災直後の2011年4月(7.7%減)以来の落ち込みとなりました。

中国をはじめとする新興国経済の減速などを背景に、最近の鉱工業生産はやや停滞しています。厚労省は「節電の影響はあるが、企業の生産活動が弱含んでいる可能性もある」とみています。

基本給や家族手当を含む労働者1人当たりの所定内給与は前年同月と同じ24万3729円でした。現金給与総額は36万1928円で1.2%減り、3カ月連続の減少となりました。ボーナス額の減少を反映して「特別に支払われた給与」は4.3%減。残業代を含む所定外給与は0.3%増え、10カ月連続のプラスとなりました。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top