静岡県・愛知県東部 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

精神疾患の労災30代多く「若年労働者層の対策必要」

 長時間労働やパワハラなどで精神疾患となり、労災認定された事案の発症時の平均年齢は39・0歳、年代別では30代が最多だったことが分かった。心筋梗塞など脳・心臓疾患の労災事案では発症時の平均が49・3歳、最多は50代だった。厚生労働省が25日、過労死遺族らで構成する協議会に資料を示した。

【産経】
http://www.sankei.com/life/news/161025/lif1610250043-n1.html

 

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
538
page_top