静岡県・愛知県東部 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

介護保険料の負担対象「40歳以上」から拡大を検討へ 厚生労働省

急速な高齢化による介護費用の増加によって、この先、介護保険制度を維持するのが難しくなるとして、厚生労働省は、介護保険料を負担する対象を、現在の40歳以上から、収入のあるすべての人に拡大することについて、学識経験者などを交えて具体的に検討を進める方針を固めました。

 介護保険料の負担対象は現在40歳以上で、ひと月の平均で64歳までが5,352円、65歳以上は5,514円となっています。しかし、急速な高齢化によって、団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年度には、介護費用が今のおよそ2倍の21兆円に上ると推計されています。

 このため厚生労働省は、介護保険制度を維持するのが難しくなるとして、保険料の負担対象を収入のあるすべての人に拡大することについて、学識経験者などを交えて具体的に検討を進める方針を固めました。介護サービスを利用できる年齢を現在の原則65歳以上から引き下げることや、所得の低い人の保険料を減額することなども併せて検討する方針です。

【NHK NEWS WEB】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160831/k10010661021000.html

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
538
page_top