静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

雇用助成9000万円不正受給 北九州の設計会社

   厚生労働省福岡労働局は2011年10月11日、プラント設計会社「ジャパンエンジニアリング」(北九州市)が、従業員を休業したように装って国の「雇用調整助成金」約9千万円を不正受給したと発表しました。不正受給の公表は九州7県で5件目です(福岡3件、大分2件)。不正額では全国3番目の大きさになります。

 同社は返還命令に応じ、全額を支払っているが「今回の判断は承服できない」として国を提訴する準備を進めていることを明らかにしました。同省によると、国の判断を不服として公表された企業が提訴すれば全国初になります。

 同労働局によると、同社は2010年2月-11年6月の17カ月間、助成金を受給。同労働局の7月の調査で、休業申請していた日に従業員を働かせていたことが判明しました。

 助成金は売上高が急激に落ち込むなどした際、企業が従業員を解雇せずに休業手当を支払う場合、その一部を助成する雇用保険制度の一環です。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top