静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

助成金1,300万円詐取容疑 磐田の元社長ら追送検へ

 磐田市の製造会社が国の「中小企業緊急雇用安定助成金」を不正受給していた事件で、静岡中央署は23日にも、詐欺の疑いで元社長と元秘書室長の両容疑者を追送検する。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、2人は2009年6月下旬から11月下旬までの5カ月間、従業員約30人を休業させたと偽り、静岡労働局に休業手当などを申請し、助成金約1300万円をだまし取ったとされる。
 事件は、静岡労働局が昨年11月、助成金の申請時の審査で書類の改ざんを見つけて発覚。詐欺容疑で静岡中央署に刑事告発していた。
 同署は2月9日、助成金445万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で2人を逮捕。今年7日、同様の手口でさらに996万円を詐取したとして同容疑で再逮捕していた。
 今回の追送検で、2人が9年2月以降に不正受給したとして刑事告発された2760万円分の立件を終える。
 同署によると、2人は「資金繰りに困ってやった」と容疑を認めている。

                                                         3月23日 中日新聞より

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top