静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

生活保護費の不正受給の疑いで逮捕

暴力団員であることを隠して生活保護を申請し、4年間にわたって生活保護費およそ700万円を不正に受け取っていたなどとして、都内に住む暴力団員の男が逮捕されました。

警視の調べによると、暴力団員であることを隠して生活保護を申請し、2010年10月から2014年10月までの4年間にわたって生活保護費約690万円を受け取ったほか、医療費約90万円の支払いを免れたとして、詐欺の疑いが持たれています。暴力団員が生活保護費を受け取ることは、厚生労働省の通達で禁じられていています。

4年前に生活保護の申請があった際、本人が暴力団員でないかどうか警視庁に照会しましたが、当時、警視庁は把握していなかったということです。不正受給の生活保護費が暴力団の資金源になっていたとみて捜査しています。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top