静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

傷病手当金など不正受給対策強化に向けて見直しを検討へ

厚生労働大臣の諮問機関、社会保障審議会医療保険部会は、医療保険から支払われる傷病手当金や出産手当金などの見直しに向けて具体的な検討を進めることになりました。現行の傷病手当金で、休業直前の報酬を意図的に高く申告することにより、高額受給が可能となる仕組みを、休業前の半年か1年間の平均給与を基準に支給する方法に変える方向で検討します。

また、海外で病気になった場合に、現地でかかった医療費を日本の医療保険から支払う海外療養費制度についても、実際に海外に行っていないにもかかわらず請求するなどの不正受給があるとして見直しを求める意見が出されました。

厚生労働省は、2015年の通常国会へ法案提出を目指します。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top