静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

平成25年度静岡年末年始無災害運動の実施について健康安全課 - 静岡労働局

静岡県内の労働災害は、長期的には減少しているものの、今なお年間2万人を超える労働者が被災しています。平成24年の休業4日以上の死傷者数は4,193人と平成23年の4,235人に比べ42人(1.0%)減少しました。また、死亡者数は35人と平成23年の42人に比べ7人(16.7%)減少しました。

本年は10月末現在、休業4日以上の死傷者数は、2,875人で前年同期と比べ256人(8.2%)の減少となっており、また11月末現在、死亡者数は、17人で前年同期と比べ18人(51.4%)の減少となっています。

以上のように労働災害は減少傾向にはありますが、年末年始は何かと慌ただしい時期であり、普段の作業や生活リズムが変わりやすく、通常では行わない非定常作業が多くなる時期であることから、各事業場、職場では、災害防止のための特別な配慮が必要になります。

そのため、静岡労働局では、労働基準監督署とともに、本年12月1日から翌年1月15日まで、『静岡年末年始無災害運動』を展開し、県下の労働災害防止団体と連携して労働災害防止への取組強化の呼びかけや安全パトロール等を実施します。

一年を笑顔で締めくくり、災害のない明るい新年を迎えるためにも、死亡災害の撲滅と災害ゼロの職場を目指しましょう。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
page_top