静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

ゴム手袋再利用 アスベスト労災認定

大阪の元看護師の女性が、がんになり、1月に68歳で亡くなったのは、病院で手術用のゴム手袋を再利用するため、洗ったあとアスベストを含むタルクという粉末にまぶす作業を行っていたことが原因だとして、東大阪労働基準監督署から労災認定を受けていたことが27日わかりました。医療用ゴム手袋の再利用よるアスベストが原因の労災認定は、全国で2例目です。

国は87年以降、タルクに不純物として石綿が混入しないよう規制を強化しているが、かつて医療現場ではゴム手袋の再利用の作業が一般的に行われていました。

日本看護協会は「今後も健康被害が広がるおそれが高い。作業をしていた人は、健康診断を受けるなどしてほしい」と呼びかけています。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
0
page_top