静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

労務トピックス

漫画を使ったeラーニングでうつ病発症率が5分の1に―東京大、職場でのうつ病予防の調査

東京大学大学院医学系研究科の川上憲人教授らの研究チームが、漫画で学べるストレス対処法をインターネットで学習できるeラーニングプログラムを開発し、IT企業の従業員に受講させたところ、うつ病の発症率が5分の1に減少したことを報告しました。
研究では、IT系企業2社からランダムに選ばれた従業員381人にeラーニングを受講してもらい、12カ月間追跡調査しました。その結果、受講した従業員は、受講しなかった従業員(381人、調査期間後に受講)に比べて1年間のうつ病の発症率が5分の1に減少したことがわかりました。
eラーニングが職場でのうつ病予防に有効である可能性が、世界で初めて示されたとのことです。川上教授は「親しみやすく、受講しやすいマンガによって、職場でのうつ病予防が、低コストで実現できることがわかった。今後はeラーニングプログラムを改良して、より大規模な研究で効果を検証し、普及に結び付けたい」と話しています。
この研究結果は、英科学誌「Psychological Medicine」電子版に掲載されました。

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
0
page_top