静岡県 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

インフォメーション

お知らせ

やってみました!笑み社労士法人流 ”常識を変える働き方改革”

弊社では、これまでの常識を変える「働き方改革」を実践中です。

「時間はお金以上のものである、時間管理を徹底しよう」という基本スローガンのもと、時間管理、時間短縮のためのツールをつくり、運用しています。

それでは弊社がどのように「改革」を実行しているのか、一部をご紹介します。

 

「働き方改革」の効果 => ”体制の変化”

従来は属人的な業務の進め方(※特定の人のスキルに依存)をしておりました。

働き方改革プランの導入後は、チームで協力して業務を進める体制に変化してきています。

 

 

 

<働き方改革における情報の共有化> 

弊社では、「電子の紙」として、紙文書による業務の見直し、情報の共有化をサポートしてくれる「DocuWorks(ドキュワークス)」を導入しています。

業務日報や、研修参加報告書、是正対応報告書などをすべての職員がいつでも共有して閲覧することができます。

 

 

<業務日報における情報の共有化> 

システム運用の一つの事例として、業務日報についてご紹介します。

 

 

<業務日報の課題解決のためにサイボウズkintone(キントーン)を活用>

DocuWorks(ドキュワークス)で運用している業務日報ですが、使うにつれ課題も見えてきました。

一番困ったのが、上長が外出していると業務日報の確認ができず、業務の調整ができないことでした。

外出先からでも業務日報を確認できないかと調べたところ、サイボウズの kintone にたどり着きました。

kintoneなら、弊社の業務日報をそのままにクラウド上にアプリとして作成できると分かり、自社開発で業務日報を始まりに弊社「働き方改革プラン」の仕組みを現在 kintone 上に構築中です。

 

<教育・研修>

弊社の研修は公募制です。参加希望届を提出し、目的意識がしっかりあることを確認して対象者を選定しています。

ただし、研修に参加するには、①自主勉強に参加していること、②社内検定に合格し、研修に参加する知識が身についていたり、視察研修にて他事務所職員と対等にお話、説明ができることなど条件があります。

”研修終了後にはその内容を講師となって職員に伝えてもらいます。 自身が講師となることで知識の定着を図り、アイディアを共有します。”

 

<職員からの声>

●各自の残業申請を確認することができるので、その日手伝えることがなかったか、翌日フォローできるところがないか、認識するきっかけになります。また、自分の当日、翌日のスケジュールの管理にも役立っています。

 

●早く帰る事が当たり前になり帰りにくいという事もなくなり嬉しい。 他の人の仕事で自分が手伝える事、また手伝ってもらえる事等考えて以前よりは効率よく仕事を進められるようになった気がする。

 

●研修が公募制になって、自分で研修参加の希望を出すことで、研修参加意欲が湧きます。 知識向上のために、その研修が行きたいときには提案することもできて良い。

 

●会社の指示だからといったことではなく自発的にこの講習会に参加したいとう積極的参加によりその講習で得ることも多いと感じます。そこで得たことが最終的には他の職員と共有したり勉強会を実践することで会社のスキルアップに繋がるのでいい制度であると思います。

 

 

<働き方改革と助成金>

働き方改革を実施するにあたって、活用できる助成金があります。御社に合った働き方改革や助成金のご提案をいたします。ぜひお問い合わせください。

カテゴリー

アーカイブ

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
270
page_top