静岡県・愛知県東部 社労士法人(社会保険労務士)

Menu

リスク対策

就業規則

就業規則コンサルティング

社長!会社の就業規則は経営に使えますか?

【社長】「就業規則?それなら、ウチにもあるからいいよ。監督署にも届出してあるし、総務の棚にあったな、ほらっ。」

就業規則を見せていただくと、最新施行日は、5年前。
しかも、インターネットの無料サイトでダウンロードしたものらしい。

【社労士】「社長、これってマズイですよ…。」

その1. 労務トラブルに対応できる

想定できるトラブルやリスクは、予め対策を講じておくのが就業規則。
トラブルになって争うことは、企業にとっても労働者にとっても不幸です。
また、金銭的にも精神的にも両者にとって大きなダメージです。実際にトラブルが発展して労働審判になって、弁護士に依頼した場合は、着手金だけで15~20万、そのうえ和解金などによって多額の報酬を支払うことになります。
そんなことになる前に、就業規則をきちんとした方がよっぽどいいですね。

その2. 入社してくる社員に説明できる

新規学卒、中途入社いずれにしても、新しく会社に入ってくる最初が肝心です。
契約書式は万全ですか?
「我が社の、規則はこうだから…」ときちんと説明することで、多くの労務トラブルのリスクを回避できます。
口頭での簡単な入社約束は、入社した労働者の安易な働き方の助長を招きますよ。

その3. 社員に周知できる

就業規則は届出によって効力をなすのではありません。 実は、社員に周知された段階で効果をもたらします。
ですから届出をして総務の棚で休眠している就業規則はいざとなると全く効力がないのです。
そのうえ法律改正に対応できていない場合は会社にとっても大きなリスクになりかねません。
就業規則を使えるものにするには、適宜時代に合わせた見直しが必要なのです。
※当事務所では、社員説明会と周知用就業規則作成の対応も致します。

業務内容

会社のルールである就業規則が現時点での関係諸法令や社会水準に適合しているか、また実際の運用と合致をしているかを診断します。診断の結果、労使トラブルに対応でき会社の守りを固めることができ、かつ、従業員にとっても明確で安心を得られる処遇作りをお手伝いします。また改定に向けたアドバイス、各規程の作成を行います。

メリット

1. 貴社の労務リスクを事前に把握できます
近年、企業における労務問題は増加の一途を辿っています。場合によっては企業の存続さえ危ぶまれる大問題に発展するケースもあります。「就業規則診断」により、貴社に存在する労務リスクを事前に把握できます。

2. 貴社の実情に合わせた対策が取れます
実際に発生する労務問題は千差万別です。就業規則を見直しても、実際の運用と合致していないのであれば、全く意味がありません。貴社の実情を踏まえた就業規則の見直しが可能です。

3. 社員のモチベーションアップができます
公平なルールが確立されることで、社員が安心して働くことのできる職場づくりができます。明確な組織ルールは、長期的に好ましい人材が育つ環境を生み出してくれるからです。

業務の流れ

まずは電話、メールにてお問い合わせください。業務の詳細説明やお見積もりは無料で行っております。 業務の流れ

労務相談

労務リスク診断

経営者の皆様は、常日頃から多数の労務リスクを抱えています。
表面化している労務リスクには対処することも出来ますが、目に見えない所に潜んでいる労務リスクは、対処することが出来ません。この労務リスク診断の目的は組織の人事・労務の現状を把握し、潜在的な労務リスクを発見し、課題や問題点を明確化することです。
簡単なアンケートにお答えいただくことで、貴社の潜在的な労務リスクについて簡易的に診断致します。

労務トラブル(問題社員)例

労働時間・残業トラブルチェック

ISO27001:2013 認証取得
Tweet
page_top